起立性調節障害の子の親の日常

起立性調節障害の子の親の日常

学校とは結局なんなんだろうか

娘が学校に通わなくなりこの問題を考えるようになった。それまでは学校はとりあえず行かなければならないところで社会性を身につける場所と一般的な考えを持っていた。

しかし、いざ娘が学校に病気で通えなくなりそして今は自分の意志で通わないことになってみるといろいろな事が見えてきた。

つまりは、学校とは大半の人にとって将来企業の歯車になることを疑問に思ったりしないように育て上げる場所として機能しているようにも思える。周りと合わせることを学び、周りと同じことで安心感すら覚える。自分の考えで動くのではなく権力を持った人の支持通りに自分の考えは押し殺して動く。

ただ、こういう歯車的な人は右肩上がりの経済成長の時期には必要とされたが、現在のように実力を必要とされるようになってくると全く不必要となる。社会では個性や実力を求められ自分で正しい判断ができる人材を求められているのに学校では未だに過去の慣例から抜け出せずこれまでと何ら変わらず時代おくれなままの学校が多いように思える。

近頃小学校に入学する前までに発達障害だと言われる子を知り合いの中でも何人も知っている。どの子を見ても10年前20年前ならそんなことを言われなかっただろう。人と話すのが苦手。ジッと座っているのが苦手。逆に一つのことにこだわりすぎる。我々大人をみてみると現在のその判定なら8割くらい発達障害と言われるのではないか。みんな仕事だから何とかやっていたり、自分の特性を生かせる仕事に就いて何とかやっているだけ。そんなことを考えず生きている人は余程の能天気な性格の持ち主に違いない。

家庭で個性を重視して育てても学校で横並びを強要されては自分の価値観を形成する時期に不安定になりストレスを感じる。

学校関係者の方々も現在の社会でどんな人が求められているかを学びその為には学校でどんなことをすれば良いかを真剣に考える時期だと思う。

ランドセルが重いとかそんなことですらこの時代即時にどう対応するか決められない時点で終わっている。