起立性調節障害の子の親の日常

起立性調節障害の子の親の日常

学校とは結局なんなんだろうか

娘が学校に通わなくなりこの問題を考えるようになった。それまでは学校はとりあえず行かなければならないところで社会性を身につける場所と一般的な考えを持っていた。

しかし、いざ娘が学校に病気で通えなくなりそして今は自分の意志で通わないことになってみるといろいろな事が見えてきた。

つまりは、学校とは大半の人にとって将来企業の歯車になることを疑問に思ったりしないように育て上げる場所として機能しているようにも思える。周りと合わせることを学び、周りと同じことで安心感すら覚える。自分の考えで動くのではなく権力を持った人の支持通りに自分の考えは押し殺して動く。

ただ、こういう歯車的な人は右肩上がりの経済成長の時期には必要とされたが、現在のように実力を必要とされるようになってくると全く不必要となる。社会では個性や実力を求められ自分で正しい判断ができる人材を求められているのに学校では未だに過去の慣例から抜け出せずこれまでと何ら変わらず時代おくれなままの学校が多いように思える。

近頃小学校に入学する前までに発達障害だと言われる子を知り合いの中でも何人も知っている。どの子を見ても10年前20年前ならそんなことを言われなかっただろう。人と話すのが苦手。ジッと座っているのが苦手。逆に一つのことにこだわりすぎる。我々大人をみてみると現在のその判定なら8割くらい発達障害と言われるのではないか。みんな仕事だから何とかやっていたり、自分の特性を生かせる仕事に就いて何とかやっているだけ。そんなことを考えず生きている人は余程の能天気な性格の持ち主に違いない。

家庭で個性を重視して育てても学校で横並びを強要されては自分の価値観を形成する時期に不安定になりストレスを感じる。

学校関係者の方々も現在の社会でどんな人が求められているかを学びその為には学校でどんなことをすれば良いかを真剣に考える時期だと思う。

ランドセルが重いとかそんなことですらこの時代即時にどう対応するか決められない時点で終わっている。

時代に合っていない学校

うちの子は起立性調節障害で学校に遅刻して通っていた。それに対してクラスの一部の人から心ない言葉をかけられ、教室に入れなくなりました。その子達は何も注意されることもなく何もなかったように学校へ通い、うちの子は不登校中。おそらく2学期も行かないだろう。なんだか腑に落ちない。

アメリカの学校では心無い言葉を発した子どもにカウンセラーがつきどうしてそんな言葉を発したかを問題にすると聞いた。それを小さい頃から経験していると当事者でない周りの子たちもそんな言葉を発するのは心が荒れているからだと思うだろうし、弱い者いじめのない優しい世の中になる気がする。

そういう点で日本の考え方は見直す必要がある。日本では長い物に巻かれる、出る杭は打たれるというように周りに合わせて生きることが正しいという考えがある。そしてこれまでの日本ではその方が楽に生きていけたのであろう。

昔はそれで良かったけれど、今の時代それではうまくいかないということが最近あらゆる場面で見受けられる。教育現場もその一つではないか。ゆとりとか個性とか多様性を重視と言いながら、先生達自身が同調圧力、協調性を重視する考えを捨てきれていない方が多い。そして変化に対応する体制が全く出来ていない。

だから、自分の子が不登校になって知れば知るほど負け惜しみでなく、現在の学校になんの疑問もなく通っている子の方が大人になったら危険な気がする。

これを読んでいただいた方のお子様がもし学校へ行きたくないと言いだしたら、頭ごなしに行かせようとするのではなくちょっと思い出してもらいたい。むしろ疑問を持てたことが素晴らしい。

学校とクラブ活動

私自身中学生から大学時代それほど強くはないけれど大会を目指して頑張る運動部に所属し、クラブ活動は仲間との貴重な経験をさせてもらえるメリットもあることは十分承知した上でここでは私の意見を書いていきたい。

 

まず今の時代に学校でのクラブ活動は必要なのだろうか。積極的にやりたい子はそれでいいが、それほどやりたくもないけれど内申書の為にやっている子がいると聞く。貴重な学生時代子どもにはそんな無駄な時間を過ごすよりは本当に自分のことやりたい事に時間を費やしてもらいたい。

自分に合った地域のクラブチームやボランティア団体などで放課後活動すれば良いのではないか。

また、専門的知識もない顧問の先生に担当させるよりは専門家に任せた方が先生も本業に専念できるし、生徒も上達するのではないか。

 

学校とクラブ活動が全く異なる場所であれば、クラブ活動でトラブルがあったからと言って学校まで休み不登校になるといったことも少なくなるのではないでしょうか。

 

子ども時代からいろいろなコミュニティに所属することが大切だと思う。一つのコミュニティで問題があってももう一つのコミュニティで相談したりできる。そういう場があれば生きやすいのではないでしょうか。

 

日本は様々な場面で欧米の良さそうな所だけを取り入れるから全体的にみたらチグハグになっていることを近頃いろいろな場面でよく目にする。そろそろいろいろ抜本的に見直さないとおかしなことになってきているように感じる。

 

不登校時の成績

先日三者懇談がありました。

現在起立性調節障害から不登校中の娘はやはり行けず二者懇談となりました。

廊下で待っている間、元気な子どもたちを見て自分の子との歴然たる差に涙が溢れてきました。

 

そして成績表で実技教科はやってないからという理由のみで「1」となっていました。

予想はしていましたが、できる範囲で4,5月は学校へ行きテストも受けたから「2」はもらっても良いのではないかと思いました。しかもこの地区は絶対評価を謳っています。絶対評価ならばより1の意味がわかりません。

心も体も健康で家庭環境を見ても勉強できるはずなのになんの努力もせず授業も受けていないのであれば「1」でも良いが、

少なくとも心へのストレスが大きく関わり健康でない状態の子どもが自分の今できる限りの努力をし、テストも受けた。にも関わらず「1」を付けてくる先生の神経、意図が全くわかりません。

これでは自殺する中学生の気持ちもわからなくないです。

案の定子どもに話すと「それなら何もしなくても同じ結果だったんだから勉強しないほうがいいと先生は言っているみたいなものだ」と。

「自分は教えることを放棄しておいてそういう評価をするならば評価不能にしてもらった方がマシだ」と。

不登校にもいろいろな理由がある。

病気、いじめ、友達関係、家庭の事情、勉強がわからない、クラスがいや、クラブがいや…

本当は学校へ行きたい子、行きたくない子、

勉強したい子、したくない子

それぞれの事情を考慮してチャンスを与えた上で成績をつける。それができないのであれば評価不能が正しいような気がします。

 

ただ、現在の高校入試では内申書にて成績が絡んでくる。そのときに不利にならないようにしてもらいたい。

 

人間は何度でもやり直せる。

このことを教えることこそ教育なのではないでしょうか。

 

不登校再発

行くつもりもない修学旅行の準備期間をきっかけに再び教室へ入り辛くなり、修学旅行後先生が数回無理矢理教室に連れて行こうとしたこともあり学校へ行くことも辞めた。

不登校再発

やはり4,5月無理していたのだろう。そして6月梅雨と暑さで元気な人でも気分が落ち込みがちな季節。起立性調節障害の人はより倦怠感、頭痛がひどくなる様子。

期末試験は何とか別室にて受験できた科目もある。間に合わず受験出来なかった科目もある。

家での対応で他にやり方は無かったか、学校にももう少しきちんと対応を依頼すべきだったのかと思い返してももう時すでに遅し。少なくとも今学期は学校へ行かないだろう。

早い夏休みの始まりと前向きに捉える努力をしてみる。

身体が少しでも楽になると前向きな考えが出来るようになるのだろうか。

栄養バランスを考えいろいろ作っても食べなかったり、親である私の精神こそ病んでくる。

そして夫は無言のまま。もう本気で離婚を考えたい。

真面目な子を病ませる学校

このblogはSMAPを応援するつもりで

SMAPが解散させられ本人やテレビの出演者は名前も言うことがままならないなら、何の制限もされていないファンが言ってやろうと始めましたが、昨年の夏から娘の体調が良くならず不登校気味な今いろいろ日々感じたことを書くようになりつつあります。あしからず…。

 

娘は起立性調節障害となり休みがちになるまで勉強は常に5教科オール5。授業はもちろんノート提出もテストも手を抜くことなく、むしろそんな完璧にしなくても…と言ってしまうくらい頑張っていました。その上にほぼ毎日部活動、そして塾を週2。朝練もあり忙しく充実しすぎな毎日でした。今考えると無理して1年以上頑張っていました。

今の中学は成績をつけるためにノート提出、授業態度、実技…細かい採点基準があるようです。娘は5を取るためにその採点基準を細かく理解し先生の好みも分析していました。

私は聞いただけで疲れました。

それを1年以上やってたんだ。

真面目な子ほど病んでいく。だから不登校も増えるわというのが実際感じたことでした。

私達が中学生の頃は試験の点数一発勝負で成績がついていたのではないでしょうか。点数が取れない子のために他の基準を設けるのは良い事だが、決まりごとが多すぎるのではないか。だから先生方の仕事も増えているのではないのでしょうか。

 

今回娘の問題でいろいろ調べていくうちに
いろいろ教育について考えるようになり痛感したのは、

そろそろ日本も教育制度を考え直さないといけないということ。

 

また書きたいと思います。

 

 

起立性調節障害〜体位性頻脈症候群

先日詳しく調べることができる病院へ行ってきました。

結果は、体位性頻脈症候群ということでした。

親と子と別々に説明を受けました。

体質とストレスによるもので

今私がすべきことはこれ以上子供にストレスを与えないようにすることを注意されました。スマホばっかりして!とか学校行かないと!とか言うこともダメらしいです。ストレスになるから言ってはいけない。とはいえイライラ、モヤモヤ。親の心もヤラレます。

とりあえず次の受診まで何か変化あるのだろうか。見守るというのは難しい。

子供は立ち上がるときのふらつかない練習をしたり、水分をとること、家でウロウロすることなど注意されたらしい。

私がいくら言っても水分をあまり摂らなかったのに、帰りの道中でコンビニ寄って飲み物買いたいと自ら言いました。説得力あったのだろう。少しでも意識に変化があればいいな。